30代以上で、瞼が重いと感じる方に対し、解消法を紹介しています。不安な方、何とかしたい方は、是非ご確認願います。

重いまぶたに対する解消法

30歳以上の女性、特に40歳から60歳以上の女性は、まぶたに対して、何かしらの違和感、問題を抱えている方が一定数いると思います。

NHKのためしてガッテンや、雑誌わかさなどでも紹介された事がありますが、このようになってしまう原因は、目の周りにある筋肉の老化により起こるそうです。

言わば自然現象の内の1つなのですが、そのまま放置しておくと、自力で目が開けられなくなってしまうこともあるらしく、あまり軽く考えないほうが良い問題です。

このサイトでは、まぶたが重い、目を開けているよりも閉じている方が楽と感じる、何もしないとまぶたが自然に閉じてしまうといった、瞼の重みを感じる方に対して、それを解消する方法について紹介します。

私自身これで悩み苦労しましたので、実際の体験談となります。興味ある方は是非ご確認願います。

加齢と共にまぶたは下がってくるものです

冒頭でも少し書きましたが、まぶたが下がってくる原因は、加齢による目の周りの筋肉の衰えです。

今まではある程度の筋肉があることで、まぶたが落ちてくるのを止めていましたが、その筋肉が弱り、瞼を支えることができなくなると、自然とまぶたが落ちてきてしまいます。

もはや自然現象ですが、そうなる人と、ならない人もいます。

但し、もしまぶたが下がってきてしまう方は、以下の事が起こりうる可能性があります。

まぶたが下がってしまう方が困ること

まぶたが下がってきてしまって困ることは、

視力の低下(単純に下がってきた分視野が狭くなる)

歩いていて人にぶつかりそうになる

見た目が悪くなる(お化けでは無いですが、そんな感じに見える時もあります)

車の運転は怖くて出来なくなる(自分の本心とは無関係に目が閉じてしまう事がある)

日の光や、スマホの光などが以前と比べ、異常なくらいに眩しいと感じる

上記のような目の障害があると、体が疲れてしょうがない

将来的な不安で眠れなくなる時がある

等々が挙げられます。

単にまぶたが重いという事だけですが、視力に関わってきてしまうので、その問題は大きく、日常生活に大きな支障をきたすことになります。とにかく何をするにも困難、そんな状況になってしまいます。またこの症状は、放置しておくと最悪目が開かなくなってしまう事もあるそうです。症状が出た場合は、早めに対処した方が良いと思います。

重い瞼や瞼の痙攣を解消する方法

重い瞼を解消する方法は、2通りあります。

1つはアイアクトという、重い瞼を解消するクリームをつけてみることです。この商品は重い瞼を解消する目的で作られた経緯があります。また発売から約3年が経過しますが、その間に、多数のメディアに取り上げられた他、医学界でも紹介されたという実績があります。またこの商品を使用した方の9割以上が、継続して同商品を使っているというデーターもあり、重い瞼に有効であること、また多くの方に愛用されていることがわかります。

また何より商品は自然成分由来の安全性が高いクリームなので、自宅で好きな時にケアで来るというのもかなり楽だと思います。

それに加え、30日間の返金保証がついていますので、もし効果がなかった場合、不要だと思う場合は返金してもらうことが出来ますので、その点もお得だと思います。

私は以下の方法も試しましたが、結果から言うと、このアイアクトにより解消できました。個人差はあるかもしれませんが、私はアイアクトに感謝しています。

なので、もし瞼が重いと感じる方は、最初はこの商品をお試しになるのが一番かと思います。公式サイトからが返金保証付きで一番お得に購入できます。購入をご検討の方は、以下からお願いいたします。

次の解消法は、西洋医学的な解消法だと医者に診てもらうこと。東洋医学的な解消法だと針や灸、中国整体などになります。まず最初に、西洋医学的な解消法について紹介します。

重い瞼の解消(西洋医学的な解消法)

個人的な体験談を含む解消法です。参考になれば幸いです。

まず瞼の重さを感じた際、瞼がピクピクとしてしまう、一種の痙攣のような症状が断続的に発生してしまった事があった際は、最初は怖くなって眼科に行きました。

初診では何故かドライアイと判断され、ヒアレインという薬を処方されました。

ヒアレインとは、点眼液で、目に水滴上の薬を垂らすものです。単なる目薬のようなものです。最初はこんなもので効果があるのかと思いましたが、予想通り、あまり効果を感じなかったので、今度は地元で有名な眼科に診てもらいました。

しかしながらここでの結果も、ドライアイでしょうという判断。結果同じヒアレインという点眼薬を処方されました。

一応有名な眼科だったので、ヒアレインを点眼してみましたが、瞼の重さ、瞼の痙攣に関しては、はっきり言って効果なし。

何故医者が治せないのか?正直疑問に思いましたし、半信半疑でしたが、治らないものはしょうがありません。

次に地元の大きな大学病院に診てもらいました。

ここでは大事になり、まず検査ということで、CT検査、MRI検査、脳波の検査をしました。下のような画像で、テレビで見たことがありましたが、正直私には合わないようで、かなり気持ち悪くなりました。電磁波がすごいらしいので、体調の良い時というか、体力が好調な時、良く休んでいる時に病院に行かれたほうがいいです。

検査の結果、その病院内の神経内科が診断することになりました。

神経内科では、眼瞼痙攣(がんけんけいれん)と判断されました。これは自分の意思とは無関係に、瞼が痙攣する症状になることです。飲み薬のアーテンなる薬を処方され、それを飲んでみましたが、何故か上と同じように、私には全くと言っていいほど効果がありませんでした。結局ここでも瞼の重さや、瞼の痙攣は変わらずという状態です。

結局症状が改善されなかったので、その事で先生と相談したところ、今度はボトックスという治療に入りました。

これはボトックスという少量の毒素を瞼に注射する治療法です。毒素といっても、筋肉の痙攣(瞼の筋肉の痙攣)を抑えてくれる毒素なので、一応治療になります。

注射は好きな人はいないと思いますし、また目の近くに撃つというのは、はっきりと言ってかなり衝撃的です。

結果、眼瞼下垂になりました。眼瞼下垂とは、下の画像のようなものですが、画像だとまだ良いのですが、実物はかなり悲惨です。物もらいを誇大化させたようなもので、ある程度の年齢の人が眼瞼下垂になると、本当に見てられないぐらい、気持ち悪さを伴った顔になってしまいます。

ただ、注射により、眼瞼下垂という症状が出てしまうものの、注射された後は、やや改善された感じはありましたが、結局痛みと、眼瞼下垂、それに加えそんなに良くなった感じでは無かったので、ここで西洋医学的な解消法は断念しました。

その後、漢方内科(原因不明の病などを解消する最後の砦?的な機関)を受診し、抑肝散という、肝臓の高ぶりを抑える漢方薬、神経症状にも効果があるといわれている、この抑肝散を処方され、それをある程度の月数試してみましたが、効果は見受けられませんでした。正直漢方は効果があるんでしょうか?人によるなんて平気で言ってきますが、こればっかりは何の変化も感じられませんでした。次に東洋医学的解消法を紹介します。

重い瞼の解消法(東洋医学的な解消法)

東洋医学的な解消法というのは、基本的に注射したり、メスを入れたりしない解消法です。

最初は目の治療に特化した、鍼灸院に診てもらいました。

目の周りに、目に効果があるツボ、経絡のようなものがあるのか、その個所に、鍼、灸をしました。1回につき1時間程度してもらいました。治療時や治療後は、若干効果が感じられるものの、その後がひどい(リバウンド)ように思えてしまった為、結果的に長続きしないで終えました。

その後は井穴刺絡(せいけつしらく)治療なるものを試してみました。これは平たく言えばツボを刺激し、神経的なものを抑える治療法です。期待していましたが、これは全然だめでした。

その後はカップリング(吸玉)治療を試みます。

これは中国とか、韓国とかが本場の治療法のようです。血流を整え、悪い個所を治すというものです。若干効果を感じた瞬間はありましたが、根治というか、長続きするものでは無く、これも効果が薄いと感じてしまい、途中でやめました。

その後は耳が重要、耳で全部治るという事を言っている、ある程度評判の良い鍼灸院で診てもらいましたが、法外な治療費と思えるぐらい治療費が高く、また効果はさほど無しという悲しい状況になり、バカバカしさのなか断念しました。

その後は中国の医師がやっている鍼灸院で診てもらいました。

中国の鍼灸というのは、はるか昔から行われてきた治療法です。昔の王様などが病気になった際は、薬は毒が入っているかもしれないということで、そういう物は飲まない、また体も切らないで、代わりに鍼灸、マッサージなどにより治したそうです。ここではそんな話も含め、鍼灸中心に治療してもらいました。1カ月程度は通いましたが、結果的に効果は見受けられず、一体何をしているんだという気持ちと、どうしたら治るのかと途方に暮れた記憶があります。

最後は、ヘルストロンという名称だったか、電気治療機というものを知人から紹介され、それを試してみました。

機器だけで確か50万以上しました。体に害がない程度の弱い電気が通っているマットのようなものの上に座り、じーっとしていると、体に電気が流れ、その電気が血流を良くするので、それにより悪いところが治るという機械です。結構有名な機械だったことと、町中に、それを試すことができる場所があり、お年寄りで結構にぎわっていたので、半信半疑で試してみましたが、それをやっても、調子が良くなっているのか?があまり実感できず、結局続けられませんでした。

私がやったことは大体上記のような事です。かなりの時間と力を注ぎやってきましたが、結局良い結果にはなりませんでした。

しかしながら瞼の不調は解消しません。絶望感とストレスが半端ありませんでしたが、最後は本能なのか、アイアクトという商品に出会い、そのクリーム状のものを塗布することで、症状が改善し、最終的には気にならなくなしました。(今までの苦労は一体なんだったんだろうか)最終的に結果から言うと、最初からアイアクトを試していれば良かったというのが正直な感想です。

なので同様の悩みを抱えている方は、是非この商品を見てみてください。

アイアクトクリームの会社情報と決済など支払い情報

販売業者株式会社 スパイン製薬
運営統括責任者成瀬 豪
所在地〒108-0075 東京都港区港南2-16-1 品川イーストワンタワー4階
※こちらの住所での直接販売は行っておりませんので、ご注文はご注文フォームよりお願い致します。
電話番号0120-885-976
E-MAILsupport@spine-s.jp
販売価格商品ごとに掲載しています。
商品代金以外の必要料金商品ごとに記載しています。
支払手数料の料金代金引換払い手数料:330円(税込)
後払い手数料:330円(税込)
※定期お届けプログラムの場合は、手数料無料です。
お支払い方法代金引き換え、クレジットカード(Visa、MasterCard、JCB、Diners、American Express)、コンビニ後払い、楽天ID決済
商品の引渡し方法ご注文頂いた商品については、購入時にご指定頂きました日にちにお客様のご住所に配送いたします。
定期販売の解除について当社商品の定期販売(コース及びプログラム)の解除をご希望される場合には、次回商品 到着日の10日前までにご連絡ください。次回の発送・課金を停止致します。
不良品・返品の対応について不良品、または明らかに商品説明と異なる商品は返品・交換に対応致します。その際の送料は弊社が負担します。商品到着後8日以内にお電話ください。
キャンセルについて商品発送後のキャンセルはお受け取り状況に関わらずお受け致しかねます。商品を無断で返品をされた場合でもご解約・キャンセルとは致しかねます。5回目以降のお届け分についても発送後の解約申し出があった場合には、発送済みの商品をお受け取り頂いた後の分からのご解約とさせて頂きます。

更新日:

Copyright© 重いまぶたに対する解消法 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.